【エディター】Scribefireの引用設定について

引用の設定について

Scribefireデフォルトの設定で、引用するとこうなる。

【ブログ】おざなりになっていたブログエディタ「ScribeFire」をちょっとだけお勉強①: ゆーがいぶろぐ

あと、ChromeにScribeFireをインストールするとChromeのコンテキストメニューに”Blog This Page”というメニューが追加され、表示中のWEBページ(の選択文字列)をScribeFireで引用できます。

ゆーがいぶろぐさんが参考になったので拝借。

海外ではこれが標準なのだろうか。

これだと引用先の方が先に表示されてしまい、我々の感覚からするとちょっと違和感を覚えると思うので、こう書き換えてみた。

基本設定の引用コードを以下に書き換えるとよい。

パターン1

結果

あと、ChromeにScribeFireをインストールするとChromeのコンテキストメニューに”Blog This Page”というメニューが追加され、表示中のWEBページ(の選択文字列)をScribeFireで引用できます。

(引用:【ブログ】おざなりになっていたブログエディタ「ScribeFire」をちょっとだけお勉強①: ゆーがいぶろぐ

パターン2

結果

あと、ChromeにScribeFireをインストールするとChromeのコンテキストメニューに”Blog This Page”というメニューが追加され、表示中のWEBページ(の選択文字列)をScribeFireで引用できます。

(引用:【ブログ】おざなりになっていたブログエディタ「ScribeFire」をちょっとだけお勉強①: ゆーがいぶろぐ

お好みの方をお使い下さい。

ちなみにGistの使い方についてはこちらが参考になりました。